タッチラグビー
ホーム > オープン競技 > タッチラグビー


 
競技説明
競技概要
タッチラグビー (Touch Rugby) とは、ラグビーから「コンタクトプレー」(タックル、スクラムなど)や「キック」を省いた安全で親しみやすい競技です。ラグビーとの大きな違いは、防御側の「タックル」の代用として、ボールを持った攻撃側プレーヤーに「タッチ」することで相手の前進を止めることができます。攻撃側は「タッチ」成立後も攻撃を続けることができますが、得点(トライ)する前に、防御側に6回タッチされると攻守交替となります。競技場は通常のラグビーフィールドの半分の大きさ、1チーム6人で試合を行う簡易型フットボールです。


会場マップ


プライバシーポリシーCookie(クッキー)ポリシー利用規約リンク